朝日イマジンは商品撮影&画像処理(レタッチ)サービスを中心にお客様の“同僚”の如くプロモーション活動をサポートする会社です。

商品撮影・スタジオ撮影・画像加工・修正・プリントサービス/株式会社朝日イマジン
商品撮影・スタジオ撮影・画像加工・修正・プリントサービス/株式会社朝日イマジン
2016.07.01 更新
 
採用情報
朝日イマジンはあなたのそばにいます
*クリックすると詳細地図が開きます
オールドフィッシングタックルの画像処理
朝日イマジンが手掛ける高度な画像処理の実例をご紹介します。

今回はオールドフィッシングタックルの画像処理をしてみましょう。
1940年〜1970年代の物を中心としたフィッシング用の道具とルアーで
ノスタルジック雰囲気の世界観を表現します。
今回は
●商品全体の集合カット
●フィッシング道具のクローズアップ撮影
●仕上げの画像処理
以上の制作工程で完成します。

続きは オールドフィッシングタックルの撮影 1 オールドフィッシングタックルの撮影 2
美しい画像が完成するプロセスをお楽しみください。
当社スタジオで必要なカットを撮影して、それを素材に画像処理を行い、
理想のイメージに仕上げていきます。
撮影前カメラマンとディレクターでミーティングを綿密に行います。
オールドルアーの持つ年月による味わいを常駐しているカメラマンとスタッフが、ライティング・アングル・セッティングを専門撮影スタッフで決めていますから、スムーズに制作が進行します。

商品撮影・スタジオ撮影・画像加工・修正・プリントサービス/株式会社朝日イマジン

集合カット
まずは商品全体の集合カットです。
バックの朽ちた板の実写素材を後で合成する為に、撮影では代わりのボードを敷いて道具の影がキレイに拾えるようにしました。
画像処理ソフトで影を作ることはせずに、この影を合成することで、リアルな午前中の自然光でできた影を演出できました。
道具のボリューム感を出す為、オールドへドンのルアー・アブのリールなどは画像処理で増量しました。
画像処理前の画像と比べてみてください、箱の中の道具が増えているはずです。
その後、細かい補正作業に入ります。
サングラスを移動したり、写り込みを取り除きます。
仕上げに、中間からハイライトまでアンバー系の補正を施し、よりアンティーク感を出しました。




商品撮影・スタジオ撮影・画像加工・修正・プリントサービス/株式会社朝日イマジン

クローズアップ
次はフィッシング道具のクローズアップ撮影です。
道具のボリューム感を出す為、オールドへドンのルアー・アブのリールなどは画像処理で増量しました。
画像処理前の画像と比べてみてください、箱の中の道具が増えているはずです。
その他、サングラスを移動したり、写り込みを取り除いたり、細かい補正作業はたくさん行われています。
仕上げに、中間からハイライトまでアンバー系の補正を施し、よりアンティーク感を出しました。
オールドフィッシングタックルの撮影と画像処理の作業工程は以上になります。
関連業者の皆様や個人のコレクター様も、是非一度ご相談下さい。



詳細・ご不明点等、何なりとお問い合わせください。

Super Real Communication  年間を通じてお付き合いいただければ
イメージ完成までの最大公約数が求められるため
よりスピーディーかつローコストな制作が期待できます。

-我々をあなたの同僚とお考え下さい-

Super Real Communication Service を利用した実例