朝日イマジンは商品撮影&画像処理(レタッチ)サービスを中心にお客様の“同僚”の如くプロモーション活動をサポートする会社です。

商品撮影・スタジオ撮影・画像加工・修正・プリントサービス/株式会社朝日イマジン
商品撮影・スタジオ撮影・画像加工・修正・プリントサービス/株式会社朝日イマジン
2016.07.01 更新
 
採用情報
朝日イマジンはあなたのそばにいます
*クリックすると詳細地図が開きます
イームズ DSR DKR チェアの撮影
朝日イマジンが手掛ける高度な画像処理の実例をご紹介します。

今回はDSR DKR チェアを撮影してみましょう。
チャールズ&レイ・イームズのサイドシェルチェアとワイヤーチェアです。
イームズチェアは単にミッドセンチュリーの代表作に留まることなく、現在も尚その革新的なアイデアとデザインが継承され、さまざまな形で販売されそして愛され続けています。

今回は
●庭からの自然光が差し込むリビングにイームズチェアを置いてモダンな佇まいを表現。
●ロケを行わずにセットの中で可能なバーチャルロケーションカット。
●画像処理技術を活用する為、床や壁の素材を無限に選べ合成に必要なカットを撮影。
以上の制作工程で完成します。
今回はバーチャルロケーション用の撮影とテクスチャー素材をイメージ加工する画像処理の2ページに渡る構成です。

続きは イームズ DSR DKR チェアの画像処理 で美しい画像が完成するプロセスをお楽しみください。
画像合成技術の利点は、後から変更も出来る事や、条件の限られたリビングスタジオを借りるコストも掛かりません。
当社では積極的に、このようなトータルコストダウンにつながる提案をさせていただいております。

ユーズドやヴィンテージ商品の商品撮影は、新商品を撮影するのとは違い、傷や使用感が大切です。
照明によっては興味が無い人が見たら、ただの汚れに見えてしまう可能性もあるので、精細で表現力のあるライティングを組むことが重要なポイントです。



今回の撮影のポイント
■ディフューザーを上手に配置し庭からリビングへ差し込む太陽光を作ることにしました。
■独特な質感を出す為にライティング作業とセット組を同時進行で行い、美しい自然光を作り出して行きます。
■スポットでないと古いFRPの繊維が表現しずらいので、ライトを移動しながら数枚撮影し、後で画像処理により組み合わせる。

撮影後の画像処理まで考えた撮影を行います。
当社ではこのような商品撮影から画像合成をしてイメージを完成させる案件の場合。
撮影スタジオにディレクター、カメラマン、レタッチオペレーターがミーティングしてイメージ完成までの最短距離をめざします。

前方、主人公は一番手前にあるモスグリーンのFRP製サイドシェルチェア。
上手やや後方にワイヤーチェア、さらに後方はネイビーのサイドシェルチェアです。
下手奥にはワイヤーチェアをもうひとつ。
どれも長年使用されてきた風格と存在感があります。
問題なのは手前のモスグリーンのサイドシェルチェアが一方からのディフューズライトのみでは暗くなってしまう事です。
単品でスポットライトをあてますが、モスグリーンのサイドシェルチェアがFRP製である為ギラ付きが出てしまうので、ライトを移動しながら数枚撮影し、後で合成により組み合わせることにしました。

撮影作業は、商品に光りを当てながらセットを組んでいきます。そうすることで商品の独特なフォルムや質感を保ちながら動きのある写真を撮ることが出来ました。
次に、画像処理のオペレーターに商品撮影データが渡され、更なる質感表現とフロアと壁に各種素材を敷く画像処理が行われます。
前もって写真合成に必要な押さえのカットを撮影しておきます。
このような押さえカットも万が一足りない場合でも、常設撮影スタジオに常駐撮影スタッフがいますので、すぐに再撮が出来ますので安心です。

続きは イームズ DSR DKR チェアの画像処理 で美しい画像が完成するプロセスをお楽しみください。

詳細・ご不明点等、何なりとお問い合わせください。

Super Real Communication  年間を通じてお付き合いいただければ
イメージ完成までの最大公約数が求められるため
よりスピーディーかつローコストな制作が期待できます。

-我々をあなたの同僚とお考え下さい-

Super Real Communication Service を利用した実例